『史料・岡山孤児院』全8巻

石井十次没後100年記念!

《編集復刻版》 好評刊行中!

児童福祉事業のさきがけ
岡山孤児院(1887~1926年)の全貌を明らかにする
機関誌および関連写真・映像資料を復刻!

台北

史料・岡山孤児院【機関誌編】全5巻+【画像・映像編】全3巻

岡山孤児院は、1887年、基督教を信仰する医学生・石井十次が、貧窮する女性から子どもを預かったことから始まった、近代における草分けの児童養護事業である。

すべての困窮する子どもたちを引き受け、育てることをこころざし、一時期は1,200人もの子どもが生活した。

農村の荒廃や地震などの自然災害によって、生きるすべを失った困窮者があふれていた時代、単に子どもを「救済」するだけでなく、十分に食べさせ、ひとりひとりに向き合い、家族的な関係の中で育てることをめざし、成人後の暮らしまで考えて展開された岡山孤児院の事業は、現在の子どもの貧困問題・教育問題を考える上でも、大きな示唆をもつ。

本資料集成は、「機関誌編」として、1896年に創刊された孤児院の機関誌『岡山孤児院新報』全号と、その前身誌にあたる『岡山孤児院月報』『岡山基督教』、そして『岡山孤児院年報』、英文の『Asylum Record』誌を復刻し、岡山孤児院という奇跡ともいえる大事業の足跡を辿る。

さらに「画像・映像編」として、子どもたちがどのように暮らし、学び、そして音樂幻灯隊として遠く台北や旅順にまで出かけたか、その様子を撮影した写真帳・アルバムを復刻すると同時に画像データを付し、また1902年という時期に撮影された動画もデジタル映像としてDVDに収録、解説を付して復刻刊行する。

社会事業史・教育史のみならず、現代の子どもと貧困、災害の問題、親へのケアなどについて考えるすべての人に提供するものである。(六花出版編集部)

【機関誌編】『岡山孤児院新報』全5巻 

◎構成内容

〔第1回配本〕2014年6月刊行済み 定価50,000円+税 ISBN978-4-905421-57-3

第1巻 『岡山孤児院月報』第1号~第8号(1893年8月~94年5月)

『岡山基督教』第1号~第5号(1894年9月~95年)

『明治二十八年岡山孤児院年報』(1896年2月)

英文機関誌『ASYLUM RECORD』3冊(1902年3月~03年12月)

『岡山孤児院新報』第1号~第27号(1896年7月~98年)

第2巻 『岡山孤児院新報』第28号~第62号(1899~1901年)

〔第2回配本〕2014年12月刊行済み 定価75,000円+税 ISBN978-4-905421-60-3

第3巻 『岡山孤児院新報』第63号~第98号(1902~04年)

第4巻 『岡山孤児院新報』第99号~第122号(1905~06年)

第5巻 『岡山孤児院新報』第123号~第148号(1907~09年5月)

 

【画像・映像編】『岡山孤児院 写真・映像資料』全3巻

〔全1回配本〕2015年6月刊行予定 定価60,000円+税 ISBN978-4-905421-64-1

第1巻 『岡山孤児院 写真アルバム』(画像)(1904~14年)

第2巻 『岡山孤児院写真画・記念写真帳』(画像) (1898~1922年)
付録DVD(第1巻・第2巻の画像デジタルデータ)

第3 巻 『明治時代の孤児院に於ける生活記録』(1905~10年頃の記録)(映像:24’50”)DVD

パンフレット

okayamakojiin