『史料・岡山孤児院』全8巻

The Complete Collection of Reprinted Documents of Okayama Orphanage

石井十次没後100年記念!

《編集復刻版》 好評刊行中!

児童福祉事業のさきがけ
岡山孤児院(1887~1926年)の全貌を明らかにする
機関誌および関連写真・映像資料を復刻!

台北

史料・岡山孤児院【機関誌編】全5巻+【画像・映像編】全3巻

岡山孤児院は、1887年、基督教を信仰する医学生・石井十次が、貧窮する女性から子どもを預かったことから始まった、近代における草分けの児童養護事業である。

すべての困窮する子どもたちを引き受け、育てることをこころざし、一時期は1,200人もの子どもが生活した。

農村の荒廃や地震などの自然災害によって、生きるすべを失った困窮者があふれていた時代、単に子どもを「救済」するだけでなく、十分に食べさせ、ひとりひとりに向き合い、家族的な関係の中で育てることをめざし、成人後の暮らしまで考えて展開された岡山孤児院の事業は、現在の子どもの貧困問題・教育問題を考える上でも、大きな示唆をもつ。

本資料集成は、「機関誌編」として、1896年に創刊された孤児院の機関誌『岡山孤児院新報』全号と、その前身誌にあたる『岡山孤児院月報』『岡山基督教』、そして『岡山孤児院年報』、英文の『Asylum Record』誌を復刻し、岡山孤児院という奇跡ともいえる大事業の足跡を辿る。

さらに「画像・映像編」として、子どもたちがどのように暮らし、学び、そして音樂幻灯隊として遠く台北や旅順にまで出かけたか、その様子を撮影した写真帳・アルバムを復刻すると同時に画像データを付し、また1902年という時期に撮影された動画もデジタル映像としてDVDに収録、解説を付して復刻刊行する。

社会事業史・教育史のみならず、現代の子どもと貧困、災害の問題、親へのケアなどについて考えるすべての人に提供するものである。(六花出版編集部)

【機関誌編】『岡山孤児院新報』全5巻 

◎構成内容

〔第1回配本〕2014年6月刊行済み 定価50,000円+税 ISBN978-4-905421-57-3

第1巻 『岡山孤児院月報』第1号~第8号(1893年8月~94年5月)

『岡山基督教』第1号~第5号(1894年9月~95年)

『明治二十八年岡山孤児院年報』(1896年2月)

英文機関誌『ASYLUM RECORD』3冊(1902年3月~03年12月)

『岡山孤児院新報』第1号~第27号(1896年7月~98年)

第2巻 『岡山孤児院新報』第28号~第62号(1899~1901年)

〔第2回配本〕2014年12月刊行済み 定価75,000円+税 ISBN978-4-905421-60-3

第3巻 『岡山孤児院新報』第63号~第98号(1902~04年)

第4巻 『岡山孤児院新報』第99号~第122号(1905~06年)

第5巻 『岡山孤児院新報』第123号~第148号(1907~09年5月)
 

第1巻目次(PDF版)

 

第1巻目次(Word版)

 

 

『岡山孤児院新報』総目次【PDF版】
『岡山孤児院新報』総目次【Excel版】

【画像・映像編】『岡山孤児院 写真・映像資料』全3巻

〔全1回配本〕2015年6月刊行予定 定価60,000円+税 ISBN978-4-905421-64-1

第1巻 『岡山孤児院 写真アルバム』(画像)(1904~14年)

第2巻 『岡山孤児院写真画・記念写真帳』(画像) (1898~1922年)
付録DVD(第1巻・第2巻の画像デジタルデータ)

第3 巻 『明治時代の孤児院に於ける生活記録』(1905~10年頃の記録)(映像:24’50”)DVD
 

総目次(PDF版)

 

総目次(Word版)

 

パンフレット

okayamakojiin

The Complete Collection of Reprinted Documents of Okayama Orphanage

8 Volumes
Edited and reprinted in 2014-2015
¥185,000 (total cost for all volumes)
With commentary by Kojima Souichirou, Kikuchi Yoshiaki, Hosoi Isamu, Mikami Kunihiko, and Motomura Tomoaki
Edited by Kikuchi Yoshiaki, Hosoi Isamu, Mikami Kunihiko, and Motomura Tomoaki
Published by Rikka-Press

Okayama Orphanage was founded in 1887 by Ishii Juuji who was a young medical student. While he stayed in one small village in Okayama to regain his health, he met a little poor boy who needed help. Ishii began to take care of that boy. That was the beginning of Okayama Orphanage and also one of starting points of orphanages in Japan.
Ishii gave up continuing to study and made up his mind to accept all the children who needed care. In the 19th century there were so many children without families nor relatives who could raise them properly because of illness, bad crops, earth quakes, floods, disasters, and so on. So at one time there were 1,200 children from all over Japan living at Okayama Orphanage.
Ishii did not just accept children, but also fed them as much as they wanted and raised them educationally in an atmosphere like a real family. He thought that children would do no wrong if they ate enough. His thinking was called “Mampuku Shugi” which means being full and satisfied both physically and mentally.
Ishii organized a musical band by children and let them go to many other prefectures and sometimes they even went overseas to play at charity concerts.
In 1912, all the children in Okayama Orphanage moved to Chausubaru, Miyazaki prefecture, located on Kyusyu. That was Ishii’s hometown.
The grown up children cultivated tea fields and rice fields there.