戦後民主主義が生んだ優生思想

優生保護法の史的検証


2021年4月20日刊行予定!

  

藤野豊 著

「優生法」としての優生保護法を検証する

「公共の福祉」の名のもとに、戦後民主主義社会において48年間、優生思想を体現した法律が存在していた。
「生まれては困る子ども」を産ませず、「子どもを持ってはいけない人」を峻別した優生保護法の歴史を解読する。

A5判・並製・304ページ

定価 1,800円(税込1,980円)

ISBN 978-4-86617-132-6

目次
序 章 優生保護法の史的検証に向けて
第1章 日本国憲法下の優生保護法の成立  
第2章 迷走する優生保護法
第3章 優生保護法と「胎児条項」
第4章 優生保護法とハンセン病
第5章 新潟県における優生保護法による人権侵害  
終 章 優生保護法の「終焉」

パンフレット

ご注文はこちら