『優生保護法関係資料集成』第2期 市民運動編 全8巻

The Complete Collection of Reprinted Materials of the Eugenic Protection Act
The Second Stage / Grass-roots Movement Series

第2回配本 5月刊行!

『優生保護法関係資料集成』第2期 市民運動編 の書評が「ジェンダー史学会」会報2021年第17号 に掲載されました。

 

《編集復刻版》
解説=荻野美穂

A4判・上製・総2800ページ
揃定価 200,000円+税(税込220,000円)

推薦
芦野由利子 飯田祐子 上野千鶴子 江原由美子 加藤秀一 齋藤有紀子 田嶋陽子 立岩真也 柘植あづみ 堂本暁子 新里宏二 藤井克徳 森岡正博 米津知子

強制不妊手術を推進した優生保護法は、人工妊娠中絶を可能にする法律でもあった。
一九七〇~八〇年代、政府の実質的中絶禁止と障害を理由とした胎児中絶可能という「改正」の動きに対して、女性たち、障害者たち、生命尊重派たちが繰り広げた運動のありようを活写する資料、約900点を編集復刻!

第1回配本 2020年12月刊 本体75,000円+税 ISBN978-4-86617-116-6 既刊
第1巻 1968年~1973年2月
第2巻 1973年3月~12月
第3巻 1974年~1977年

第2回配本 2021年5月刊 本体75,000円+税 ISBN978-4-86617-120-3
第4巻 1980年~1982年
第5巻 1983年1月~2月
第6巻 1983年3月~6月

第3回配本 2021年11月刊 本体50,000円+税 ISBN978-4-86617-124-1
第7巻 1983年7月~1985年9月
第8巻 1985年10月~1997年

パンフレット

kyapuchayumanite