もうひとつの戦場

戦争のなかの精神障害者/市民


岡田靖雄 編著

2019年7月末刊行!

戦時下、精神病院での入院患者の死亡率が異様に高かったこと、
デング熱実験など精神病院での人体実験 、
戦後直後に医師たちによって行われた空襲時精神病調査 、
空襲被害者、沖縄戦による被害者 、原爆被害者の今も続くPTSD、
戦場における兵士の精神疾患など 、
戦争が患者を追い詰めるだけでなく、
市民を精神障害に急激にあるいはゆっくりと追い込んでゆくさまを
歴史的事実を積み重ねながら立証する

編著 岡田靖雄
著 野田正彰・蟻塚亮二・中澤正夫

A5判・並製・228ページ

定価 1,800円+税

ISBN978-4-86617-080-0

パンフレット

キャプチャ henntai pum

ご注文はこちら