復刻版『博愛雑誌』

大阪・児童福祉のさきがけ、博愛社の歴史をたどる!

《編集復刻版》

創立から133年

大阪・児童福祉のさきがけ、博愛社の歴史をたどる!

明治維新から遠くない一八九〇年に播州赤穂に始まり、 大阪淀川のほとりで展開された、児童保護事業・博愛社。 身寄りのない子どもたちのために、夜学校や里預け、 母子のための家、敗戦後は「戦災孤児」の支援などをおこなった。

一世紀を超える活動の歴史において、一時期は岡山孤児院と提携し、関係者はUSAや中国でも施設を開設した。 膨大な貴重資料群をもとに積み重ねられた研究の集大成が『大阪児童福祉の先駆 博愛社の史的研究』である。

創始者・小橋勝之助が刊行した機関誌『博愛雑誌』も同時刊行!  社会福祉史研究に必須の資料として二書を提供する。


復刻版『博愛雑誌』全1巻

◉原本発行 博愛社(小橋勝之助)
◉体裁 第1号~第20号(1890年5月~1891年12月)

◉解説 室田保夫
◉体裁 A5判/上製/総304ページ
◉定価 1万円+税  ISBN978-4-86617-228-6


パンフレットはこちらからダウンロードできます

ご注文はこちら