アクティブラーニングで学ぶ震災・復興学【電子書籍】

放射能・原発・震災そして復興への道


Maruzen eBook Library 『アクティブラーニングで学ぶ震災・復興学』(2020年11月予定)
KinoDen

庄司美樹・新里泰孝・橋本勝=編著

2020年9月10日刊行!

アクティブラーニングで学ぶ震災・復興学

国民に強い衝撃を与えた東日本大震災、そして直後の原発事故。
未曾有の大災害を単に知識として学習するのではなく、いかに自分の問題として考え、今後につなげるかをアクティブラーニングの手法を通して主体的に学ぶ!

 

2011年3月11日、東日本各地に甚大な被害を与えた東日本大震災は、地震・津波のほかに原子力発電所の崩壊をももたらすという、世界的にも類を見ない深刻な状況を引き起こした。震災とその後の復興を考えるには、文系・理系の総合的知識が必要だと考えて、富山大学では13人の教員が震災・復興学の授業を立ち上げた。そして、こと原発被害を含めた本震災については、科学的・政策論的に未解決の課題をはらむため、科学コミュニケーションの意識を持ってアクティブラーニングをおこなうことこそ有効と考えた。本書はそのためのテキストである。本書を使って、当時の状況を単に知識として知るのではなく、若い学生たちが自分の問題として考えるための絶好のトレーニングになることを期待する。

A5判・並製・184頁
定価:1.500 円+税
ISBN978-4-86617-100-5

目次

部 放射線と原発
 第1身の回りの放射線
 第2放射性同位元素とその物理学
 第3放射線の生体への影響
 第4放射線と医療
 第5放射線と薬
 第6原子力発電の仕組みと福島第一原子力発電所事故
部 震災と復興
 第7環境と経済の持続可能性
 第8地域生活者の価値空間と空間価値──原発事故補償問題を考えるために
 第9原発のコスト
 第10被災地の産業は回復したか
 第11岩手の水産業復興──なりわいと地域社会の持続性
 第12新しい海街を描く難しさ──宮城県南三陸町より
 第13避難児童が取り組む「ふるさと学習」──福島県の「ふるさと創造学」を例に
 第14もし富山で大震災が起きたら……
あとがき/執筆者紹介

パンフレット

キャプチャ