「伊勢参宮旅行」と「帝都」の子どもたち


橋本萌 著

2020年7月刊行!


1930年代に東京市を中心に行われた伊勢神宮参拝を主な目的とした
小学校児童の修学旅行(参宮旅行)を研究対象に、
その拡大から終焉までの構造をとらえ、
「大正新教育」の実践が波及していた1920年代以降の
実践場面における教育的意味を検証する!

A5判・上製・340ページ

定価 4,000円+税

ISBN 978-4-86617‐092-3

 

パンフレット

ご注文はこちら